【英語学習初心者は試す価値あり!?】おススメ教材紹介付き:英会話上達に子供用英語教材が勧められる理由

この記事は約10分で読めます。

「英語を上達させたい!けど・・何から始めて良いか分からない。」と悩む人は多いと思います。

一言で「英語」と言っても、「Reading(読む力), Writing(書く力), Listening(聞く力), and Speaking(話す力)」4つのスキルフィールドがあります。

基礎的な英語であっても、会話を楽しむためには「話す力」と「聞く力」が必要ですし、海外旅行に行く時でも、何処に行くにも共通言語は英語ですので、入国審査やその他に必要な書類や注意書きを「読む力」と「書く力」もある程度は必要です。

そうなると、「どこから手を付ければいいの?」と思ってしまう気持ちは良く分かります。

果てしない道のりに見えてしまいますよね。

But, don’t worry!

自己流だろうが、スクールに通おうが、どんな手段で勉強を始めても全て正解です!

私は「○○は意味がない」とか「△△法は時間がかかる」などという評価はあまり気にしないスタンスです。

自分が決めて取り組んでいる勉強法を信じて進むのみ!

やった分だけ着実に身に付いていきます。

加えて、今回おススメする方法は

「こんな方法で勉強した時は楽しかった!」とか「英語の基礎的な聞き取りと話す力が上達した!」という私の経験に基づいています。

皆さんの参考になれば嬉しいと思ってご紹介していきます。

と言う事で、英語初心者さんにおススメする勉強法は「子供用英語教材を活用する!」です。

「使える英語を身につけよう!」より「簡単な英語が使えるようになろう!」

英語を勉強する理由は人それぞれにあると思いますが、ここである団体が行ったアンケート調査をご紹介したいと思います。

日本でTOEIC Programを実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)が20代から50代までのビジネスパーソン500人を対象に行った調査は、質問項目も多岐に渡り、色々と興味深い結果を報告しています。
「英語学習の実態と意欲」

中でも「英語学習をする理由」に対する結果を見てみましょう。

最も回答が多かったのは「海外旅行で現地の方とコミュニケーションを取りたいから」の70.8%で、その他「キャリアアップ・転職活動のため(55.2%)」「国内で訪日外国人の方とコミュニケーションを取りたいから(49.0%)」という回答がみられました。また、21.9%の人が「オリンピック・パラリンピックなど国際的なイベントのボランティアに参加するため」と回答しました。

 サイトの結果を見ると、上記以外の理由では「洋書原文を直接読んだり映画を字幕なしで観たい」「留学を考えている」「進学のため」などがありますが、この中で一番回答数が多かったのが、「洋書原文を直接読んだり映画を字幕なしで観たい」の26.0%で、以外は15%以下でした。

この調査結果を大きく理解すると「直接のコミュニケーションに活かしたい」という理由が圧倒的に多い、と言えます。

この様な英語学習者の心理から、色々な英語教材のキャッチコピーやブログ記事などでも「使える英語を身につけよう!」という謳い文句が目立つのかな・・と想像できます。

それは、それで正解です。

その上で英語学習初心者の人にとって「使える英語ってどれくらいのレベルなのか?」について想像がつきますか?

例えば、街中で道順を尋ねられた場合を想像した時に、「道順を教えられること」が「使える英語が身に付いた状態」だとします。

これだと、使える英語の定義が明確なので、英語学習は進むでしょう。しかし、これが「英語で普通に会話する事」となると天井が見えません。

「ペラペラな自分」というイメージを持つ事はとても大切ですが、英語学習の最初は「まず簡単な英語が口から出て来るようにしよう」にイメージをシフトすることです。

そうすると、習ったはずの英語が結構頭の中にあることに気が付くかもしれません。

併せて読みたい:「英語が口から出て来ない」2つの原因を克服する!

加えて、習い立ての「吸収する」過程を楽しむことです。

出来る事が増えていくのが「楽しい!」と思える事も継続のコツです。

 私が最初に触れたNative英語

ここで、私の経験をお話させて頂きます。

興味のない方は、次の項まで飛ばして下さい。

私は、小学校4年生くらいから、なぜか「海外」に興味がありました。

映画や音楽も洋物を好み、母や姉に“Mikaは分かって観ているんかね(聞いているんかね)”と良くからかわれていました。

もちろん映画は字幕で観ていましたし、音楽は歌詞の翻訳が載っていたのでそれでしか理解はしていなかったのですが、とにかく異文化に対する興味が強い子供時代でした。

その頃より独自に英語の勉強を始めました。

勉強と言っても、姉からもらったアルファベットの書き写し練習帳で書き方の練習をするくらいでしたが笑。

今みたいにインターネットなどない時代でしたので、ひたすらテレビやラジオで英語の番組を視聴していました。

小学6年生の頃、父親に「アメリカに留学したい」と言って、「とんでもない話!」と一蹴されたのを覚えています笑。

私が中学生になったある日、姉が私を部屋に呼びました。

私と姉は10歳離れているので、その時の姉はもう立派な社会人でした。

「英語の勉強しようと思うんだけれど、一緒にやる?」と、姉が購入したピカピカの英語教材を見せてくれました。

アメリカで開発された児童向け初級英語の教材で、カセットテープと紙芝居風の分厚い紙でできた教科書のセットでした。

紙芝居に英会話の情景と会話の吹き出しが書かれていて、カセットでネイティブの発音を聞きながら、その教科書を見て、耳と目で英語を身につけるタイプの教材でした。

教科書には、日本語の解説があったので、頭でも理解が出来るようになっていました。

忘れもしません、初めてカセットから流れる英語の発音。

紙芝居に書かれている会話の吹き出しを読んではいるのですが、学校の先生(日本人)が話す英語とは全然違っていました。

姉が「早くて聞き取れないでしょ」と、すごいね!的な目で私に言ったのを覚えています。

初回は、本当にシンプルな英会話でした。

忘れもしません。

「朝ご飯が出来たわよ、ジェーン」Breakfast is ready, Jane.

「今行きまーす、ママ」I’m coming, mommy!

とこんな感じでした。

これだけでも、「朝ご飯が出来た」は英語で何というか、それに何と答えれば良いかが分かりますよね。

この様な、シンプルな英会話シーンは、学校の授業では教えてくれないものでした。

最初は非常にシンプルな会話から始まり、少しづつ長いやり取りのシーンに段階的にレベルが上がって行くものでしたので、毎日毎日聞き取れる英語が増えて行くのが楽しかったのを覚えています。

英語習い立ては楽しく=分かり易いことがカギ

 私が中学生の時にした経験は、私の英語の聞き取りや英会話の基礎を作ったと確信しています。

何より、姉の教材を使って耳で聞いている事と目で読む文字が一致するのはとても楽しく、しかも情景が絵で見えるよう工夫されていたので、会話の中身と状況が結びつく事で「全体の概念化」が出来たのではないか、と思います。

最初から、難解な文法学習に取り掛かったり、自分のレベルをはるかに上回る会話学習を始めても、どちらかというと「自分の出来なさ加減」ばかりに意識が行きがちで、結果的に継続するモチベーションを失ってしまう事が多いのです。

また、ネイティブ相手の直接会話の学習法は「概念で理解する過程を得にくい」と言われていますので、第2言語を習う時は、母国語のサポートが重要である事もあるようです。

出来る事が増える事はとっても楽しい体験です。

今開発されている子供用教材は、姉が買った物とは比べ物にならないくらい開発が進められているので(当たり前ですが)、子供が英語を吸収する過程を体験するのにもってこいです。

自分のペースで自己学習が出来る子供向け英語学習教材

教材学習の一番の利点は、自分のペースで勉強が出来る事です。

それ故にサボっても誰にも知られないので甘えてしまう人もいますが、それは、自分で乗り越えるしかありません。

複雑な勉強法が苦手な私が、今でも活用している「これは良い!」と思う児童向け英語学習の教材についてご紹介します。

無料オンライン英語学習サイト

有名なのはアメリカで運営されているStarFallという子供向け学習サイトです。
StarFall

無料版はコンテンツがかなり限定されているので、有料会員(年間35ドル。安い!)になると全てのコンテンツを利用できます。

もちろん日本からも申し込み可能です。

ただ、日本語のサポートがないので(英語の字幕も出ない)例え子供向けに作られた学習サイトとは言え、話し言葉が聞き取れない場面も多々ある方もいるかもしれませんので、一度無料版の色々なコンテンツを観られてみてはいかがでしょうか。

無料学習アプリ

一番簡単なのは、YouTube動画を利用する事だと思います。

検索をかけると沢山の動画が上がって来ますが、大抵は幼児向けの歌を歌いましょ~の様な動画です。

もちろん、それから入っても良いですが、大人も程よく利用できるサイトとして、Sakura English Schoolがおススメです。

このサイトは、子供向けだけではなく、様々なシーン用に動画コンテンツを配信していますので、自分にあった動画が見つかるかもしれません。

子供向け 英語リスニング【ネイティブが子供の時に身につけるフレーズ 130】

子供と話す英会話パート3 【親子で英会話】日常英語フレーズ集

有料学習教材

 有料学習教材は学習用に開発されているので、システマティックに勉強できるのが一番のアドバンテージです。

ただ、「教材って高いですよね」と思う方も大勢いることも確か。

ですが、よくよく計算してみるとそうでもないことが分かります。

例えば、毎月英会話(オンラインでも教室でも)毎月平均3,000円位として、頑張って1年通ったと計算すれば36,000円

教材の良い所は、料金は1年間の英会話教室代より安く、一度購入すればいつでも自分のペースで勉強が進められる事だけでなく、何回でも復習が出来る点や学習効果を高める工夫がされている点です。

また、英会話の練習は、先程も言及しましたが、英語での概念化が構築されにくいので、
英語の基礎力がこれからの初心者がチャレンジしても、思うように上達しないとも言われています。

「ハッピーイングリッシュ」

私が大人も使える子供用英語教材として
一番におススメしているのは、「ハッピーイングリッシュ」です。

学習効果10倍速 口から英語が溢れ出す【ハッピーイングリッシュ】
監修・講師:人気英語講師のイムラン・シィディキ先生
到達目標:中学3年生レベルまでの英会話レベル
特典:・学習中のサポート体制も整っていること。
・14日間の全額返金保証があり。

内容は、私が最初に出逢った教材の教え方に似ていて、日常で良く使う会話を英語で出来るようになることがコンセプトです。

また、到達レベルが「中学3年生」と言うのも重要です。
中学英語は基礎力に必要なエッセンスのかたまり。
特に大人が復習を兼ねて使うのは、とても効果的だと思いました。

「ディズニーの英語システム」

私は持っていないのですが、友人が子供用に購入したものを見せてもらった事があります。

友人曰く「これ、一緒に見ていると私も英語の勉強になるのよね」と言っていたのを覚えています。

「ディズニーの英語システム」

映画で見た事のある歌やワンシーンなどで英語を学ぶコンテンツもあり、確かにディズニー好きの方でしたら楽しく勉強できそうだな、と思わせる充実した教材でした。

監修:World Family(企業)
対象年齢:0~12歳(サイトには、12歳以降やマタニティのママさんにも楽しんで頂ける、と書かれています。
特典:・無料サンプルあり(結構充実しています)。
・教材が壊れても何度でも無償修理・交換ができる(メンバーシップへ加入した方)。

まとめ

 「英語を勉強しているけど、中々話せるようにならない。

「英会話教室に通うまでにも到達していない気がして、勇気が出ない・・。」

これは「行っている英語学習法が間違っている、と言う事ではない」が、私の個人的な意見です

本当は、やった分相当の英語知識は頭の中にあるのですが、それを使えていないだけだと思っています。

そんな時に、楽しく上達を実感できるのが「児童向け英語教材」の一番良い点です。

とにかく「楽しむこと」です。

大人の私が使ったら恥ずかしい・・と思わず、試してみて欲しいな、と思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました