【人を前向きに肯定的にさせる3つの英単語】Empower, Encourage, Determine

この記事は約7分で読めます。

はじめに

今日は、私の好きな3つの動詞英単語について、
皆さんと一緒に見て行こうと思います。

その3つの英単語とは、

Empower, Encourage, Determine

です!

私が、これらの単語が好きな理由は「人を励まし、肯定的な気持ち」にさせ、前向きに頑張る力をくれると感じるからです。

また、普段の英会話でもよく使われる言葉でもあります。

何か特定の議論をする時にだけ登場する言葉ではありません。

今回は、一つひとつの単語を見ながら皆で元気になっていけたらと思いながら説明していきます!

参考辞書:Oxford Learner’s Dictionaries
英辞郎 on the WEB Pro

Empower

このブログのメインテーマでもある「Empower」。
私は、この単語が大好きです。
名詞形は「Empowerment」です。

まず定義から見て行きましょう。

1.to give somebody more control over their own life or the situation they are in(誰かに対して、その人の人生や置かれた状況に対し、その人自身がコントロールできるようにする事)
2.to give somebody the power or authority to do something= Synonym:authorize(誰かに、何かをするための力や権力を与えること)

 

「実質的な行使力や権力」を与えると言う意味で使う時もありますが、大抵は「人が人生や様々な状況において自分自身で出来る事、乗り越えるために出来る事が増える事、その力をつける事」という意味合いで使う1番の定義で使われる事が多いです。

この点について、Your Dictionaryという投稿サイトを参考に更に議論してみましょう。

To provide (someone regarded as weak or oppressed) with the means or opportunities to improve his or her situation.(<特には弱者や抑圧された人々に対し>彼らのおかれた状況を改善するための意義や機会を与える事)
To give someone more confidence and/or strength to do something, often by enabling them to increase their control over their own life or situation.(誰かが何かをするためにより自信と強さを与える事、大抵は彼らの人生や置かれた状況をコントロールする能力を高める事)

 

私がこの言葉に出逢ったのは、数年前。
NGOの社会的な意義について色々悩んでいた時でした。

私達の役割は「誰かに何かを与える」ことではない、むしろ「誰かの出来る事を増やしていく事」ではないか・・と考えていました。

達成するのは「我々」ではなく、「彼ら/彼女ら」であるはず。

ところが、NGOの仕事を見ると(全てとは言いませんが)、逆に彼ら/彼女らの力を奪っているのではないか、と思わされる現状が多い事に気が付きました。

もちろん、直接支援や緊急支援を必要としている人たちには適切な手を貸すことは大前提です。

私は、それについて英語でスピーチする機会を与えられ、その時の原稿を作っている時に出逢ったのが下のQuoteでした。

Empower yourself, rather wait to be given the power.
力を与えられることを待つより、むしろあなた自身で力をつける事だ。

私は、それ以来この言葉が大好きになりました。

支援の対象となる人だけでなく、我々全ての人が自分の人生を生きる上で大切なことを一言で表している言葉だと思ったからです。

Encourage

Encourageは「勇気づける」とか「勇気を与える」という意味の動詞です。
名詞形は「encouragement」です。

1.to give somebody support, courage or hope(誰かを支えたり、勇気や希望を与える事)
2.to persuade somebody to do something by making it easier for them and making them believe it is a good thing to do(誰かがそれをする事を容易にさせたり、それをする事が良いことであると信じさせることによって、何かをする事を促すこと)

先程のYour Dictionaryでは、他にどの様な投稿があるでしょうか?

Encourage is defined as to give someone hope, confidence or support.(Encourageは誰かに希望や、自信、支持を与える事)
To give support to; foster.(foster=希望や考えなどを持ち続ける;ことを支持する事)

 

この言葉は、人々に勇気を与えるだけでなく肯定感を与える響きがあるように感じます。

私が通った大学院で、教員はこの言葉を頻回に使っていました。

I encourage you to go through it.
(それをやり通すことを支持します=頑張ってやってみなさい、あなたならできるはず)

また、人に何か「改善を勧めたい時」にencourageを使うと、上から目線感が薄くなり、逆に「これをする事は良いことなんだ」という印象を与える事が多いようです。

I would like to encourage the local government to lead the community by considering~(私は、地方政府が~を考慮する事によってコミュニティを牽引する事を励ましたい。)

以上からも分かるように、ただ「勇気づける」という意味に「あなたなら出来るはず」と、話す相手に元々力が備わっている事を想定させます。

Determine

「決心する、決意する」を意味する「Determine」。
名詞形は「Determination」です。

1.to discover the facts about something; to calculate something exactly(何かに対する真実を発見する事;何かを正確に計算する事)
2.to make something happen in a particular way or be of a particular type(何かを、特定の方法もしくは特定の形で起こさせる事)

 

上記の意味は、より学術的な場面で使われます。
これに準ずる名詞形には「Determinant=決定因子」もあります。

3.to officially decide and/or arrange something
(正式に決める事、もしくは調停する事)
4.to decide definitely to do something(何かを確かにすると決める事)

 

今回は、こちらの意味において私がこの単語を好きな理由を述べています。

特に、4番の定義にあるように「固く決める」という響きが好きです。

単に「decide」と言うよりも、「決意」の強さが加わりますし、3番の定義にあるように「宣言する」というニュアンスもあります。

ある日、私が「仕事を辞めて大学院に行きたいな~」と友人につぶやいた時の事です。

その時、彼女は「決めてしまいなさい。‟決めた”と宣言しちゃうのよ!」と言いました。

「Determine it! Say to me that you’ve determined it!」

私が進学を決心する事が出来たのも、この時彼女の言葉に背中を押されたからでもありました。

そして、この「determine」には自分自身の人生を自分で切り開くために必要な「決心する」ことの責任が自分にあることを思い出させました。

最後に

Empower, Encourage, Determineという3つの英単語について見ました。

特に今回は「私達を励まして肯定的な気持ちにさせてくれる」という切り口でその定義と概念を見てみましたが、皆さんはどうお感じになりましたか?

もし、皆さんの生活の中でこの単語を意識する場面があったら「あ、この気持ちはencouragedかな」とか「この状況はempowerかな」などと、ご自身で感じてみると面白いかもしれませんね。

また、単語を覚える時は、その定義全体から見える概念を自分の中で作る事が大切です。

そうすると「こういう時はこの単語を使うと良いかな」と頭の引き出しからより適切な言葉を探し出すことが出来ます。

皆さんの成功を祈って!

Empower yourself, Encourage yourself and Determine your goal!

併せて読みたい:【言葉は概念を記号化したもの】英語をアウトプットしようとする時の頭の中はどうなっている?

コメント

タイトルとURLをコピーしました