【Understandと厳密には違う?】「make sense」の意味を理解して使いこなそう!

make sense after coffee!
この記事は約6分で読めます。

みなさん、こんにちは!

今回インプットする英語表現は「make sense」=分かる、理解する、道理にかなう です。

ちなみにですが、最近友人たちとの間で流行っている合言葉が

「It doesn’t make sense.」

日本語風に言うと、「ちょっと意味不明なんですけど」という感じでしょうか。

この表現の概念を理解すると、色々な場面で使える事が分かるだけでなく、日本人が良く間違えてしまいがちな「Understand」との使い方の違いも、しっかり頭に入ります。

make sense after coffee!

ところでみなさん、この絵に描かれている

 「This will all make sense after coffee」

の意味は分かりますか?

答えは最後のお楽しみ!
もちろん、記事を読んで理解出来るようになれば簡単です!

それでは、Let’s take a look!

「make sense」の意味

make sense:

  1. to be practical and sensible
  2. to be clear and easy to understand
    (from Cambridge dictionary)

to be practical and sensible:現実的で理にかなっている

What he said didn’t make sense at all.
彼の言っていた事は全然理に適っていなかったよ。

具体的な状況や説明、講演、講義などなどを「理解したか」ですね。
上の例文では、例えば演説やプレゼンなどを聞いた時などでしたら、
「賛成出来ないかなあ・・」というニュアンスが含まれています。

to be clear and easy to understand:明確で分かり易い

Does it make sense?
分かりますか?

≪Exercise≫

It all makes sense now.
【直訳】今それは全て意味をなします。

=以前は良く分からなかったが、今は事情を理解できた。

→それで全てつじつまが合います。

→なるほど、そういうことだったのか。

That makes sense.
【直訳】それなら道理にかなってる、筋は通ってる。

→なるほど。ごもっとも。

→言えてる。

Does this make sense so far?
ここまでは理解できていますか?

===============================

make senseに込められている意図は、

「道理にかなっている」
「当然だよね」
「なるほど、そういう意味だったのか」

など、自分が理性で理解する事が出来た時=腑に落ちた時、後は単純に「理解」出来た時などに使います。

ここで、英語を使い慣れない私達が侵しがちな言葉の選び違いについて触れておきましょう。

例えば;

Does this make sense so far?
ここまでは理解できていますか?

の意味で授業などで生徒に尋ねたい時に、

Do you understand so far?
ここまで理解できていますか?

と言ってしまうそうです。

実際に、私が通った大学のあるアジアから来た先生は毎回この様に聞いていました。

英語の使い手ではない私達にはあまりピンときませんが、厳密にはニュアンスが違うようです。

この上の2つ、何がどう違うのでしょうか?

「Do you understand?」 vs 「Am I making sense?」

「Do you Understand?」 vs 「Does it make sense?」については、しばしば議論になるようです。

今回は、“Do You Understand?” vs. “ Am I Making Sense?”を参考に両者の違いについて理解を深めましょう?

「Do you understand?」

実はこの言い方で相手が理解しているかを確かめるのは、結構失礼な言い方です。

感覚的には、

「あなた(方)に理解できるかな?」=「あなた(方)にとって難しくない?」

と、ちょっと上から目線な感じです。

何故かと言うと、主語が「you」なので、

「理解できていないとしたらあなたに原因がある」

「あなたは理解するのに十分な知性を持っていない」

というニュアンスを含むようです。

私がそれに気が付いたのは、英語Nativeの友人に、私が一生懸命説明をしなくてはいけない場面で、自分の英語が通じているか不安だった時に、

「Do you understand me?」

と聞いた時の彼女の顔の表情が一瞬「えっ?」と止まった時でした。

「私の言っている事理解できてる?」と、上から聞いている感覚なのです。

例えば、映画などで軍関係のシーンで

「Do you understand?(!)」

と上官が部下に問い詰める場面を良く見ますよね。

しかも、質問口調ではなく文末が下がる強い語調が多い気がします。

「分かっているよな?(!)」=「分かったか!」

と調教する訳ですね。

「Am I making sense?」

もし「自分の英語が相手に通じていないのではないか?」と不安になった時は、

Am I making sense?
「私の言っている意味分かりますか?=私、正しく言えてる?」

とか、

Dose it make sense?
「(私の言っている事)意味を成してる?」=「(私の言っている事)通じてますか?」

と聞いてみましょう。

英語を母国語としない人同士での会話ではまだセーフですが、相手が英語Nativeの人達に対しては注意です。

とは言っても、分かってはくれますし、その場で不愉快な顔を見せたりはしません。

ですが、make senseを用いた方が正しいと知った今日からは、正しく使いこなせること間違いなしです!

まとめ:‟This will all make sense after coffee”

「make sense」の概念と使い方について理解する事はできましたか?

状況にもよりますが、より相手や自分が「腑に落ちて」理解している時やそれを訪ねる場合は「make sense」を使うようにしましょう。

では終わりに、最初の質問の答え合わせをしましょう!

This will all make sense after coffee.
「コーヒーの後、全てが分かるだろう。」

状況にもよりますが、「まあ、コーヒーでも飲みながら話そうよ。(そうしたら全部わかるよ)」的な感じでしょう。

「make sense」=分かって腑に落ちる感じ

 

を頭の中にイメージしてみて下さい。

そして、機会があったらどんどん使って行きましょう!

Does this article make sense to you?

コメント

タイトルとURLをコピーしました