【新疆ウイグル自治区の英語表記は?】話題ニュースを英語で検索する時に知って置くべき地名の英語表記

ウィグル自治区の豊富な食文化
この記事は約8分で読めます。

みなさん、こんにちは!

今日は、ちょっと具体的な地名に関する勉強です。

例えば中国、タイ、ベトナムなどの英語表記ってちょっと難しいですよね。
日本人から見ると、アルファベット読みのままの綴りになっていないからです。

その中でも今回注目するのは、
ズバリ「新疆ウィグル自治区」です!

新疆ウィグル自治区には美しい自然が残っている

新疆ウィグル自治区=Xinjiang(発音:シンチアン)

 

皆さんが馴染みのあるUyghur(ウィグル)とは、「ウィグル語の、ウィグル民族の」を示す用語ですが、Xinjiangを用いる代わりにUyghurと表記するニュースや記事もあります。

今、世界的な話題には悲しい事案が多いですが、自分自身のリテラシーを上げるためにも無関心ではいられませんよね。

今、世界中が最も注目しているのが、かの国による侵略行為。

中でも、アメリカ第45代トランプ大統領下で「ジェノサイド」と認定された、新疆ウィグル自治区で起きていることです。

新疆ウィグル自治区をめぐるニュースはほぼ毎日と言って良いほど更新されているので、英語ニュースで勉強している人にとって、検索キーワードとして覚えておくのはとても役立ちます。

今日はXinjiang関連のニュース表題に注目して、Xinjiangで何が起きているのかおさらいしてみましょう!

Xinjiang(新疆ウィグル自治区)とはどんなところ?

この地図を見て下さい。
※これが世界地図に載るべき本来の姿です。

real map of ethnic group and china

新疆ウィグル自治区とは、1955年に制定された中国の自治区とされています。

元々イスラム教徒が土着民族である地域で、度々「東トルキスタン共和国」が独立を試みるも「新疆省」リーダーと共に中共に取り込まれ、自治区のまま中国政府傘下に置かれたとされています。

※新疆ウィグル自治区に関する歴史に関して、ネットで散見される情報が事実であるかは検討が必要です。

中共に多い漢民族とは違うモスリム教を信仰するトルコ民族を起源とするウィグル民族が土着している自治区なんですね。

新疆ウィグル自治区は中国の6分の1を占める地区面積で、その4分の1をタクラマカン砂漠が占めていますが、石油と天然ガスの埋蔵量が豊富なことで知られています。

また、新疆(しんきょう)綿と呼ばれる、世界3大綿の一つの名産地でもあります。これらを見ると、この新疆ウィグル自治区は、産業資源の豊かな土地と言えますね。

また、独自の言葉と文化を有する自治区で、特にウィグル料理はハラール食材を使ったイスラム料理なのですが、主に羊のお肉を使うことで知られています。

参考リンク:
Wikipedia
中国の国家統合と新疆ウィグル自治区の民族問題

Xinjiangを取り巻く3大キーワード

新疆綿:Xinjiang cotton

新疆綿

これは、今一番知って置きたい最新の話題です。
以下に紹介するのは、新疆ウィグル自治区の特ダネ報道を繰り返すBBCによるニュースです。

What are the concerns about Xinjiang cotton?
「Xinjiang cotton(新疆綿)は何が憂慮されているのか?」

Rights groups say Xinjiang’s Uighur minority (also spelled as “Uyghur”) are being persecuted and conscripted for forced labour.
人権団体によると、新疆ウィグル自治区の少数民族は迫害され、強制労働に徴用されている。

特に、このXinjiang cottonを使うのは誰なのか?と言う点についても言及し、Xinjiang cottonを原材料として取引する世界的企業とそれを買う人達に責任がある、としています。

forced labor (イギリス英語:labour):強制労働

参考辞書:英辞郎 on the WEB Pro

その結果、2021年3月26日には、企業名を公表した以下のニュースが世界を駆け巡りました。

Nike and H&M face China fury over Xinjiang cotton ‘concerns’
「ナイキとH&MはXinjiang cotton憂慮に対し、中国への怒りに直面している」

Nike and H&M face China fury over Xinjiang cotton 'concerns' – BBC News

Several major brands have expressed concern over allegations that members of the mostly Muslim Uighur minority group are being used as forced labour.
いくつかの大手企業は、ウィグルのモスリム少数民族グループが強制労働をさせられているとの主張に憂慮を表明した。

とし、Xinjiang cotton(新疆綿)の生産から収穫には、中共によるウィグル人の強制労働が背景にあるとして、Xinjiang cottonの取引を中止すると発表したナイキやH&Mなどの大手企業が世界的な称賛を浴びている、という話題です。

それに加え、中共政府が、ナイキとH&Mに続き、同じ憂慮を表明したバーバリー、アディダス、コンバースなどの購買サイトを国内から締め出した、と伝えています。

fury over~:~に対する怒り

参考辞書:英辞郎 on the WEB Pro

ジェノサイド:Xinjiang genocide

ウィグル民族の独特の衣装

What to Know About Genocide in Xinjiang.
「新疆ウィグル自治区における虐殺について何を知るべきか」

What to Know About Genocide in Xinjiang

この動画は2分弱の短い時間に、現在新疆ウィグル自治区で起こっている事実について分かり易くまとめられています。

しかも、文字で解説しているので、英語の勉強にも使い易いと思いますので、ぜひ観てみて下さい。

このビデオで報告されているXinjiangの実態は、以下の通りです。

「ウィグル民族、特に女性に対する大規模な不妊化(mass sterilization)強制中絶(forced abortions)、そして出生計画(birth control requirement)」が、1948年に国連から出されたジェノサイド条約(genocide treaty)に完全に抵触する」

ジェノサイド条約には、虐殺と認定するためのいくつかの条件が明記されており、その中の一つに「Imposing measures intended to prevent birth within the group」
が、上記に報告された実態に当たる、と説明しています。

2017年4月から100万人以上のウィグル人を収容所に抑留し、
その中では、尋問(interrogation)拷問(torture)そして性的虐待(sexual abuse)が行われている。

更に、収容所の外では、新疆ウィグル自治区にいる11万人のウィグル民族に対し、
モスリム信仰(to practice Muslim)を困難にさせるよう、法律を課して(imposed laws)います。

最後に、国連は、新疆ウィグル自治区で起きている虐殺の実態を調査するよう申し立てる世論に直面しており、一方、大多数のイスラム教信仰国がこのことに黙っている、と告発しています。

制裁:Sanctions

China Sanctions US, Canadian Citizens in Xinjiang Row
「中国が、新疆ウィグル自治区について言及したアメリカ人とカナダ人に対して制裁を科した」

このニュースは、アメリカとカナダが先立って出した中国の新疆ウィグル自治区への虐殺に関与した中国人の入国を禁止した制裁への「仕返し制裁(tit-for-tat sanction)」を報告するものです。

この「仕返し制裁」は中国が良くやることなので珍しくはないのですが、世界がこの様なニュースを聞く度に、中国に対する印象をどの様に持つかあまり冷静に分析できていないようですね。

このsanction:制裁という単語は、国際情勢ニュースでは良く出て来ますので、覚えておくと良いでしょう。

まとめ:地名は関連キーワードと一緒に覚える

今回、勉強したXinjiang:新疆ウィグル自治区

英語の勉強に役立つのは、Googleの予測キーワードです。

Xinjiangと検索窓に入れると、genocide(虐殺)、 sanction(制裁)、 cotton(綿)などと複数のキーワードが出て来ます。

これは、語彙力を鍛えるのにも役立つので、大いに活用しましょう。

また、関連キーワードを覚えると言うことは、一つの単語に紐ついている世の中の情報もキャッチできます。

英語の勉強をする時に、英語で検索して英語の情報にアクセスする癖をつけると、語彙力が増えるだけでなく、リテラシーも上がって行きます。

尚、難解な単語が並ぶニュースを見ると、一瞬ひるむ人も多いかもしれません。

私も、「うっ」となります(笑)。

ここで大切なのは、サーっと文章全体を斜め読みし、キーワードを探すことです。

分からない単語は目に留まらないので、きっと自分が既に知っているワードに目が行くでしょう。

この記事が「何について話しているのか」を大まかに掴むことが出来たら、詳細について知ろう!というモチベーションにつながり、更なる英語表現や英単語の勉強が出来ます。

「難しいように見えるけれど、私にも理解出来る」と思うことが大切です!

と言うことで、今回注目したXinjiang:新疆ウィグル自治区、如何でしたか?

そして、覚えると良い関連キーワードは;

cotton、genocide、sanction

です。今後のニュース検索に是非活用してみて下さいね!

併せて読みたい:【「奪われる」を訴える英語】be deprived of~

アメリカで行われた「Free Uyghur」デモ

コメント

タイトルとURLをコピーしました